わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|『鮭で眼精疲労予防』

TOPわかば接骨院BLOG| 『鮭で眼精疲労予防』
  • mixiチェック

『鮭で眼精疲労予防』

■2014/11/11 『鮭で眼精疲労予防』
『鮭で眼精疲労予防』
[image: 埋め込み画像 1]


おはようございます☁ 健康コンサルタントの戸田真奈美です(^^)/

日曜日は、研修があったため、朝から電車に乗って会場に向かいました。 電車に乗ると、随分と多くの方が、携帯画面をじっと見つめていらっしゃいました。
他には、本や仕事の資料らしきものを見られている方もいらっしゃいました。 皆さん、日頃、目を酷使してますよね~。

先日テレビを見ていて知ったのですが、今日、11月11日は鮭の日とのことです。
鮭は眼精疲労予防にも良いですので、今日のテーマは、『鮭で眼精疲労予防』にしました☆
前回のブログで、鮭を使ったレシピをご紹介しましたが、また鮭になりました。ごめんなさいですm(_)m

まず、眼精疲労!! モノを見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態をさします。

目というと、ブルーベリーとか、ビルベリー等が有名ですよね☆
実は、鮭の『アスタキサンチン』ですが、とても強力な抗酸化作用の他に、老化防止や体力維持、脂肪燃焼、動脈硬化予防、アレルギー症状の緩和などの効能がありますが、目にもとっても良いんです☆


では、どう目に良いのか!!!

目は神経の束で脳と直結しています。 そのため脳と同じように、網膜には必要な栄養素だけを選別する「血液網膜関門」という関所のようなものが存在しています。
この関所が厄介なんです!全てのものが通過できるわけではないんです。
しかし、『アスタキサンチン』は、素晴らしいです☆『β-カロテン』でもこの関所を通過することができないのですが、『アスタキサンチン』は、この「血液網膜関門」を、つつつ~っと通過することができるんです!!
なので、網膜でダイレクトに抗酸化作用を発揮することができ、眼精疲労の改善につながるんです☆

『アスタキサンチン』を含む食品、『鮭』以外にはないの~??って思われましたかね?
『鮭』以外では、オキアミ、金目鯛、イクラ、スジコ、カニやエビなどは、甲羅に多く含まれていますので、エビの場合は、小エビを殻ごと食べるのがお勧めですね☆
ミルを使ってふりかけなどの保存食品を作っておくのも良いですよ(^^)

皆さん、日頃、目を酷使していらっしゃるかと思いますので、今が旬の鮭を食事の1品に加えてあげて、目を労わってあげてくださいね。
あ、鮭って、10月10日のブログでも書きましたが、『DHA』『EPA』等も含まれていますので、生活習慣病予防にもとってもよいですよ☆
ではまたで~す(^^)/

●ご報告●
大変申し訳ございませんが、11月14日(金)、18日(火)の、私のブログはお休みさせていただきます。よって、次回は、21日(金)となります。ごめんなさいですm(_)m


わかば接骨院
☆公式ホームページ☆
http://wakaba-bone.com/

☆交通事故サイト☆
http://www.obu-jiko.com/

☆FaceBookページ☆
http://c39.pw/3wa5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101