わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|『肥満②』

スタッフ紹介部位別症例案内治療のご案内治療機器交通事故にあったらわかば接骨院TV

わかば接骨院BLOG

TOPわかば接骨院BLOG| 『肥満②』
  • mixiチェック

『肥満②』

■2014/11/25 『肥満②』
『肥満②』
[image: 埋め込み画像 2]


おはようございます☂ 健康コンサルタントの戸田真奈美です(^^)/

今年最後の3連休が終わってしまいましたね。3日間ともとっても暖かく、良いお天気でしたので、お出かけ日和で良かったですよね。我が家は昨日、岐阜に行く用事があったので、ついでに養老公園に行ってきました。
現在「もみじまつり」を開催していました。 色づきはまだまだかなぁ。。。来週くらいのが良いかもしれないですね(^^)

さて、前回に引き続き、今回のテーマは『肥満②』です☆ 肥満ですが、体脂肪がどこに蓄積されるかによって、2つに分けられます。
皆さんご存知のとおり、『リンゴ型肥満』と、『洋ナシ型肥満』です。聞いたことありますよね! 念のため、下記に各々の説明を書きますね(^o^)

『リンゴ型肥満』:別名、「内臓脂肪型肥満」「上体肥満」です。 「ビヤ樽型」とか「ビール腹」などと呼ばれ、お腹の周りを中心に上半身に脂肪がつくものです。
圧倒的に男性に多くみられる肥満です。女性でも更年期を過ぎて太ってくるときには、男性と同じく、リンゴ型肥満が増加します。いわゆる「三段腹」ですね!!

『洋ナシ型肥満』:別名、「皮下脂肪型肥満」「下半身肥満」です。 おしりや太もも、下腹などにふっくらと脂肪がついている太り方です。
思春期以降の若い女性に多く見られ、女性ホルモンの影響で下半身に脂肪がつくものです。
主に皮下脂肪が多く、妊娠や出産のときにエネルギー源となるため、女性にとって大切な脂肪といえます!!

この2つの内の、『内臓脂肪型肥満:上体肥満:リンゴ型肥満』これが怖いんです!!
この状態を長期間放置すればするほど、生活習慣病への危険性が高まるんです。
ですから、生活習慣病を予防・改善するには、『内臓脂肪型肥満』を早期発見し、改善することが大切となります。

では、どのように判断したらよいのか?? 手軽な方法として、BMI(体格指数)と腹囲のチェックです!!
BMI25以上及び、腹囲が男性では85cm以上、女性では90cm以上だと、『内臓脂肪型肥満:上体肥満:リンゴ型肥満』である可能性が高いことが分かっています。
中には、やせていても内臓脂肪の多い、かくれ肥満の方もいらっしゃいますので、一概にはいえません。 10人に1人が、かくれ肥満と言われておりますよ!!!

下記に、BMIの計算方法をお知らせしておきますね(^^) ●BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

<判定(日本肥満学会基準)> ~18.5未満:低体重 18.5以上~25.0未満:普通体重 25.0以上~30.0未満:肥満1度
30.0以上~35.0未満:肥満2度
35.0以上~40.0未満:肥満3度 40.0以上~:肥満4度

「理想のBMIは22」と言われていますが、若い女性にとって、この「22」という体重は太っていると誤認識する方が多いのが現状です。モデルやタレントの人達は、BMI18~19ですので、行き過ぎた、過激なダイエット(減量)に陥る誘因と考えられています。


では、過激なダイエット(減量)を行うとどうなるのか?? 1ヶ月で肌荒れや脱毛、2~3か月で貧血・めまい・立ちくらみ・動悸・息切れ等が起こります。
3~6か月もすると、生理不順や無月経になり、医療機関を受診する必要がでてきます。
この段階でもやめずにダイエットを続けると、骨粗鬆症、そして最後には拒食症になって痩せ衰えてしまう場合があります。

ダイエット(減量)を行う場合は、3か月で体重の5%、又は、1ヶ月に最大2kgまでとするのが理想と言われておりますので、絶対に過激なダイエットは控えてくださいね。


そして、BMIが25以上の方は、生活習慣病を予防・改善するためにも、できるだけ早く体重を普通体重に戻すように、行動をおこしてくださいね。

次回、肥満を改善しなくては!!と思えるような、図と表をお知らせしますね。では(^^)/


わかば接骨院
☆公式ホームページ☆
http://wakaba-bone.com/

☆交通事故サイト☆
http://www.obu-jiko.com/

☆FaceBookページ☆
http://c39.pw/3wa5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101