わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|『アマルガム:歯の詰め物』

スタッフ紹介部位別症例案内治療のご案内治療機器交通事故にあったらわかば接骨院TV

わかば接骨院BLOG

TOPわかば接骨院BLOG| 『アマルガム:歯の詰め物』
  • mixiチェック

『アマルガム:歯の詰め物』

■2014/12/16 『アマルガム:歯の詰め物』
『アマルガム:歯の詰め物』
[image: 埋め込み画像 1]


おはようございます☁☂健康コンサルタントの戸田真奈美です(^^)/

もうほんと毎日寒いですね~。昔から、寒い時には3つの「首」を温めるといいと言われています(他界したおばあちゃんにも良く言われていました)。
「足首・手首・首」の3つです!ここは、太くて大事な血管が皮膚の近くを通っているので、熱が奪われやすいです。
ですから、この「3つの首」を、お気に入りのマフラーや手袋、靴下、レッグウォーマー等で、おしゃれを楽しみながら、体を温めてあげてくださいね(^^)
ホッカイロ等を使う際は、この3か所にあててあげると早く温まりますよ☆
あ、腰のあたりも血管がたくさんとおっていますので、腰にあててあげるのもよいですね(^^)

さて、今日のテーマは『アマルガム:歯の詰め物』です☆

前回のブログの『水銀』つながりで、もう1つお知らせします(^^)
現在は、徐々に使われなくなってきているようですが、歯医者さんでの治療で使われる「アマルガム」です。
絵のように、歯の治療で使われている、銀色の詰め物です!
1970年代がピークで使われていたようですので、30歳代以上の方は使われている可能性が大きいかと思います。
この「アマルガム」も『水銀』が多く(40~50%)使われているんです!!

『水銀』は、重金属であり有害毒素です。 解毒(デトックス)もしにくいですので、体から簡単にでていきませんので、どんどん体に溜まり、異常がでてくるんです。


アメリカでは「アマルガム治療の犠牲者の会」なんてのもあるそうです!
また、アマルガムを取り除いただけで、様々な症状が改善されたという報告もあるくらいです。

ご両親や祖父母さん、お友達に教えてあげて、使われていたら歯医者に行って違うもの(現在、コンポジットレジン:硬質プラスチックが多いです)に変えるよう、勧めてあげてくださいね。
もちろん皆さんご自身、使われているのでしたら、出来るだけ早く歯医者さんに行って、変えることをお勧めいたします(^^)/



●前回の補足です● 12月9日のブログで、「インフルエンザワクチン」の『水銀』のことをお知らせしました。
小さいお子さんは、いろんなワクチンを打ちますよね。
「チメロサール」を使っているワクチンは、「インフルエンザ」「三種混合」「日本脳炎」この3種類だけです。
しかし、現在、「三種混合」は製造されなくなり、「四種混合」に代わってきていますよね。
「四種混合」は「チメロサールフリー」ですし、その他のワクチンには使われておりませんので、ご安心くださいね。
また、「日本脳炎」も「チメロサールフリー」のものがありますので、「インフルエンザ」「日本脳炎」この2種類だけ、打つ際には、気を付けてあげてくださいね☆


わかば接骨院
☆公式ホームページ☆
http://wakaba-bone.com/

☆交通事故サイト☆
http://www.obu-jiko.com/

☆FaceBookページ☆
http://c39.pw/3wa5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101