わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|『トランス脂肪酸の危険性』

TOPわかば接骨院BLOG| 『トランス脂肪酸の危険性』
  • mixiチェック

『トランス脂肪酸の危険性』

■2015/01/13 『トランス脂肪酸の危険性』
『トランス脂肪酸の危険性』
[image: 埋め込み画像 1]


おはようございます☀ 健康コンサルタントの戸田真奈美です(^^)/

昨日は「成人の日」でしたね。私は、と~の昔に済みましたが、今の振袖って、ほんと、かわいいのや、綺麗なのが多くなりましたね。夕方のニュースで見ましたが、阪神淡路大震災の年度に生まれた方々が、今回、成人式とのこと!あれからもう20年も経ったんですね。時の流れの早さを感じてしまいました。


さて、今日のテーマは、『トランス脂肪酸の危険性』です☆

『トランス脂肪酸(別名:狂った油、狂った脂肪酸)』、皆さん、耳にしたことありますよね??
私が初めて知ったのは、32歳の時です(今から13年前ですね)。 ひどいアトピーの友達がいたので、何かよくなる方法はないのかと一緒に調べていて知りました。
これは、トランス脂肪酸含有の植物油に水素添加してつくられていますので、自然界にはない合成油となります。

では、摂取し続けるとどうなるのか!!
「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の増加」「心臓疾患」「動脈硬化」「肥満」「アトピー性皮膚炎」「アレルギー疾患」「悪性リンパ種」「ガン」「認知症」「クローン病」「胎児の体重減少」「流産」「死産」「子宮内膜症」「不妊症」等々です!!!


デンマークが世界に先駆けて、2003年に使用禁止の措置を始めております。アメリカでは、1994年から、『トランス脂肪酸』の含有量について容器への表示が義務付けられています。他では、「2002年からオーストラリア、ニュージーランド」「2005年からオランダ、スイス、カナダ」「2006年からブラジル、アルゼンチン、チリ」「2007年から韓国」「2008年から台湾、香港」「2009年からインド、オーストリア」等で、使用禁止又は表示義務化が進んでいます。
しかし、残念なことに日本では、未だに使用禁止もなければ、表示義務もない野放し状態となっています。

では、気になりますよね。どんなものに使われているのか!!
植物性だから安全だ!と言われていた「マーガリン」や「ショートニング」(別名:食べるプラスチック)を代表に、「ファットスプレッド」「パン」ファーストフードの「揚げ物」「スナック菓子」「洋菓子」「コーヒーフレッシュ」「カレー・シチューのルウ」「カップ麺」「インスタント麺」「レトルト食品」他等々に使われております。


女性は結構好きな方が多いと思いますが、「パンの食べ放題!!」「ケーキの食べ放題!!」こういったものには、まず、使われています。頭の片隅にでも置いておいてくださいね。
また、ライスにしますか?パンにしますか?って聞かれる時は、今後迷わず、ライスを選択するようにしていかれると良いかと思います☆
後は、商品の裏等に書かれている「原材料名」のところに、「マーガリン」「ショートニング」「植物油」「植物油脂」「植物性油脂」「加工油脂」と書かれていたら、できるだけ購入を控えるなり、書かれているものが少ないものを購入されることを、お勧めいたします。今の日本では、完璧に取り除くのは現状、難しいかと思いますので。。。


あ、パンが好きで、家で作られるって方は、「バター」「マーガリン」「ショートニング」を使わずに作られると安心ですね(^0^)


わかば接骨院
☆公式ホームページ☆
http://wakaba-bone.com/

☆交通事故サイト☆
http://www.obu-jiko.com/

☆FaceBookページ☆
http://c39.pw/3wa5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101