わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|ケガを治す?アイシングの意味を

TOPわかば接骨院BLOG| ケガを治す?アイシングの意味を
  • mixiチェック

ケガを治す?アイシングの意味を

■2015/01/23 ケガを治す?アイシングの意味を
ケガを治す?アイシングの意味を
さてさて、今日はスポーツでケガをしたぁ〜

どーしよう、どーしよう??

そんな時に大切なのは『アイシング』です!!
よく氷のうでアイシングをなさっている方をお見かけしますが、、、、
先日、学生の患者さんに『なんでアイシングをすると早く治るの??』なんていうご質問をいただいたため、今日はそんなアイシングのお話です。

まず、ケガをした時になぜ冷やすのかといいますと...
細胞の『二次的酸素欠乏症』を防ぐことが一番の目的です。

血管は血液を介して酸素を細胞に供給しています。
ケガをした細胞には血管が通っていて、細胞が損傷すると、血管も破壊されてしまいます。
血管が破壊されると、その血管が支配していたすべての細胞が低酸素状態に陥る可能性が高くなります。
そうなると、損傷していないはずの元気な細胞が低酸素状態になってしまいます。
みなさんが酸素がないと生きていけないように、細胞ちゃんも酸素がないと生きていけません。
つまり、損傷した細胞の付近の元気な細胞まで酸欠になってしまうのです。
だから!!冷やすのです。
冷やすことで、細胞を冷凍保存するイメージです。細胞は冷凍保存の状態であれば低酸素状態でも
生きていくことができます。つまり、早期にアイシングを行うことで損傷の拡大を防ぐことができるのです。

なんとなくご理解いただけましたかね??
ではでは、お怪我をしたらアイシング!!
冷たいけれど、早く治すためにがんばってくださいな(^O^)


わかば接骨院
☆公式ホームページ☆
http://wakaba-bone.com/

☆交通事故サイト☆
http://www.obu-jiko.com/

☆FaceBookページ☆
http://c39.pw/3wa5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101