わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|巻き爪の治療方法について

TOPわかば接骨院BLOG| 巻き爪の治療方法について
  • mixiチェック

巻き爪の治療方法について

■2015/04/25 巻き爪の治療方法について

 巻き爪はどうやって治療を行うのか
 
巻き爪は主に足の親指がなりやすいと言われていますが、悪化してしまうと見た目の悪さだけではなく、強烈な痛みを感じるようになり、歩行ができなくなってしまう方がいらっしゃいます。
現在では多くの治療法が出ており、多くの方が治療を受けて改善をしています。大きな痛みに発展する前に、治療を受けることをお勧めしますが今ひとつその治療法が分からない、という方がほとんどだと思います。
そこでここでは巻き爪の治療法について紹介します。
 
手術による治療方法
 
例え巻き爪であっても、場合によっては局部麻酔をして手術を行うケースも有り得ます。手術方法としては、痛みの原因となっている足の肉にめり込んだ爪を除去し、さらに薬を使用してめり込んでしまう部分から爪を生えなくなる処理を行います。
この方法であれば術後に巻き爪による痛みは軽減され、短期間での改善が見込まれます。ただし爪の幅が狭くなったり、爪の生えてくる方向に異変が出る可能性があるなどのデメリットもありますので、手術の前は必ず医師の説明をよく聞き、納得してから行うようにしましょう。
 
爪の矯正
 
巻き爪の治療で最も多いのが「爪の矯正」です。歯の矯正と同じように、器具を使って巻いてしまった爪を通常の形に戻していきます。
この矯正は大きく分けて
 
1.ワイヤー
2.プレート
 
の2種類に分類されます。手術のように装着した直後に治る訳ではありませんが、爪の形を変形させることなく治療ができるので、見た目が変わってしまうのに不安を持つ方はこちらをお勧めします。
しかし多くの方が巻き爪について治療法が分かっても不安を抱えていしまう方が多く、「治療でもっと痛みを伴うのであれば、このままにしておこう」と諦めてしまう方が多くいらっさしゃいます。わかば接骨院では痛みを伴わない治療法も用意しております。詳細はコチラをご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わかば接骨院
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101