わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|野球肘とテニス肘の違いについて

スタッフ紹介部位別症例案内治療のご案内治療機器交通事故にあったらわかば接骨院TV

わかば接骨院BLOG

TOPわかば接骨院BLOG| 野球肘とテニス肘の違いについて
  • mixiチェック

野球肘とテニス肘の違いについて

■2015/05/04 野球肘とテニス肘の違いについて
似ているようで違う2つの肘の痛み
 
肘の痛みで有名なものと言えば「野球肘」と「テニス肘」ですよね。この2つを同じだと勘違いしている方も多いようですが、実は大きく違います。
ここではこの2つの肘の痛みについて紹介していきます。
 
 
野球肘とは
 
野球肘とは、主に成長期の中学生ぐらいの子が、まだ肘周りの軟骨が安定していないのにも関わらず、無理をして投球をして発症してしまうと言われています。
特にピッチャー・キャッチャーのポジションがなりやすいと言われ、筋肉や筋、軟骨を損傷してしまい痛みを感じます。さらに肘が完全に伸ばせなくなることもあります。
野球肘は肘に負担のない投げ方を知っておく必要があるため、野球をする子供を持つ親御さんや指導をする立場の方は一度痛みを訴えるようであれば、専門医に相談して指導してもらいましょう。
 
テニス肘とは
 
野球肘は子供がなりやすい肘の痛みでしたが、テニス肘は多くの年齢の方が発症する可能性があるもので、正式には上腕骨内側上顆炎と呼ばれています。
さらにテニス肘はテニスだけでは無く、ゴルフや普段の家事・力仕事からも起きてしまう可能性があります。
このテニス肘の原因は、手首に不自然な力が入ってしまうことで発症すると言われており、例えば手のひらを下に向けて肘を動かすだけでも負担がかかってしまうと言われています。ビジネスマンの方がよくやるキャリーケースを手のひらを外に向けながら引いて歩くのも非常に危険だとされています。
 
野球肘、テニス肘はそれぞれ特徴も発症の仕方も違います。どちらも正しい知識を知っておくことで事前に予防することが可能となります。また、もし発症してしまったらまずは「痛み」を抑えることが大切となります。痛みの治療についてはわかば接骨院ではより効果が高い施術を実施しています。詳細はコチラをご覧ください。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わかば接骨院
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101