わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|巻き爪のタイプ

TOPわかば接骨院BLOG| 巻き爪のタイプ
  • mixiチェック

巻き爪のタイプ

■2015/12/05 巻き爪のタイプ
巻き爪のタイプ
 

巻き爪にはさまざまな症状がある
 

巻き爪になってしまうと、放置しても自然に改善されることはほとんどなく、適切な改善方法を見つけなければいけません。

一口に巻き爪と言っても、出てくる症状は人それぞれです。

ここではタイプ別の対処方法を紹介します。
 
タイプ① 乾燥巻き爪
 
爪が乾燥してしまう原因は、加齢や健康状態と言われています。

なので、乾燥巻き爪を防ぐには、内側からと外側からのケアが大事です。

内側からのケアとして、バランスの良い食事にしっかりとした水分摂取が大事です。

外側からのケアとしては、体を温めたお風呂の後に、しっかりと保湿効果のある肌用のクリームなどをつけることもオススメです。
 

タイプ② 爪が厚くなる
 
人の爪は年齢を重ねると同時に分厚くなってきます。

ですが、年齢以外にも、爪が厚くなってしまう原因があるのです。

それは、深爪と外傷です。深爪すると、肉が盛り上がってきてしまうせいで、伸びてきた爪が綺麗に伸びず、上に向かって伸び続け次第には、下から別の爪が生えてしまうことから、爪が厚くなってしまうのです。

なので、深爪に気を付けて爪を切り過ぎないようにしましょう。
 

タイプ③ 化膿する
 
化膿してしまうのは、細菌が感染しているのが大きな原因です。

足の指は特に汚れやすく、傷が出来やすい箇所と言われており、手よりも足の方がなりやすいのです。

炎症を起こして化膿してしまったら、消毒液を使って、直接触って悪化させないようにしてください。
 

タイプ④ 肉芽腫になる
 
巻き爪になることによって、爪が指の肉に刺さってしまい、傷口から細菌が増え赤く腫れ上がってしまい、炎症をおこしてしまいます。

より悪化してしまうと、膿が溜まっていきます。

放置していると、そのまま爪がより肉に向かって伸びていき、肉芽腫になるので、すぐに医療機関に行く事をおススメします。

 
巻き爪を放置してしまうと、色々な爪の病気になってしまう恐れがあるので、早めの治療を行うといいでしょう。


巻き爪治療の詳細はコチラをご覧ください。


わかば接骨院
☆公式ホームページ☆
http://wakaba-bone.com/
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR共和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101