わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|子供の巻き爪の原因と治療

TOPわかば接骨院BLOG| 子供の巻き爪の原因と治療
  • mixiチェック

子供の巻き爪の原因と治療

■2016/06/01 子供の巻き爪の原因と治療

 
子供が巻き爪になる原因
 
巻き爪の痛みや不快感に悩まされているのは大人だけではありません。
 
大人と同じように巻き爪の症状を抱えている子供もいるのです。
 
大人の巻き爪は爪の切り方が間違っていたり、合わないサイズの靴を履き続けていることが原因の多くを占めています。
 
子供の爪も爪の切り方を間違えている可能性が高く、そのせいで巻き爪を発症している子供がたくさんいます。
 
さらに子供の爪は大人の爪のように出来上がっておらず、成長途中なので爪が薄いのです。
 
薄い爪は割れやすく、丸くなりやすいため巻き爪のリスクが高まります。
 
つまり子供はもともと巻き爪になりやすい要素を持っているという事なのです。
 
合わない靴を履かせない
 
子供の爪は変形しやすいので、巻き爪になるような要素を減らしておかないとすぐに巻き爪になってしまいます。
 
子供の時から巻き爪になってしまうと、大人になってからも巻き爪がクセになってしまいます。
 
子供の巻き爪予防に重要なのは「靴」です。
 
靴は毎日履くものですし、子供は特に外で遊びまわったりするので靴を履いている時間が長いですよね。
 
また、子供は日々成長しているので足の大きさもどんどん変わっていきます。
 
足の成長に合わせて靴のサイズも変えていかないと、サイズの小さい靴を履き続けることになってしまいます。
 
それによって足先が圧迫されて巻き爪になったり、幅が小さい靴を履いて外反母趾になる可能性があります。
 
生地に伸縮性がある靴であれば、多少のサイズの変化にも対応してくれるのでオススメです。
 
深爪に注意
 
小学生くらいになると自分の爪を自分できる子供も増えてきますよね。
 
子供自身で爪を切ると深爪をしてしまう危険が高まります。
 
自分で切れるようになった喜びでつい切り過ぎてしまう子供が多いのです。
 
深爪は巻き爪のいちばんの原因です。
 
巻き爪を防ぐためには両端の白い部分を残して、四角く切る切り方がおススメです。
 
子供に爪を切らせる場合は、切り方を教えておきましょう。
 
子供の爪が小さくて切りにくい時は、爪やすりなどを使用してキレイに整えてあげてください。
 
また、子供は成長が早いので放っておくとどんどん爪が伸びていきます。
 
長い爪は巻き爪だけでなく、ケガの危険もあるので注意が必要です。
 
早めに専門医に相談を
 
子供が巻き爪になってしまったら、まずは靴や爪の切り方を見直してみましょう。
 
痛みが強い巻き爪であれば、早急に医師に相談してみて下さい。
 
腫れや炎症が強い場合には家庭でのケアでは十分でない場合が多いです。
 
早めに対処すれば重症化を防ぎ、健康に成長していくことができます。

巻き爪治療についての詳細はこちらをご覧ください。
 
 
 

わかば接骨院
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR共和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101