わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|巻き爪が引き起こす恐怖

スタッフ紹介部位別症例案内治療のご案内治療機器交通事故にあったらわかば接骨院TV

わかば接骨院BLOG

TOPわかば接骨院BLOG| 巻き爪が引き起こす恐怖
  • mixiチェック

巻き爪が引き起こす恐怖

■2016/06/15 巻き爪が引き起こす恐怖

 
巻き爪について
 
たくさんの人が悩んでいる巻き爪ですが、どのようなことをきっかけに巻き爪が発症するのでしょうか?
 
「自分は巻き爪になったことがないし、家族もなっていないから大丈夫」と思っている人も多いですが、巻き爪は些細なきっかけで発症してしまうのです。
 
巻き爪になるきっかけ
 
巻き爪になる一番のきっかけは、靴を変えた時です。
 
新しい靴は履きなれていないので、その人の足の形にフィットしていません。
 
合わない靴を長時間吐き続けるとどうしても足に負担をかけるような歩き方になり、足先を圧迫して巻き爪を発症させてしまうのです。
 
爪の健康のためにも一番適切なのは、「大きすぎず、小さすぎない靴」です。
 
自分の足のサイズに合った靴を選び、新しい靴を下すときは短時間の使用で徐々に慣らすようにしていきましょう。
 
さらに、爪の切り方を間違えたことがきっかけで巻き爪になってしまうこともあります。
 
爪の白い部分をすべて切って、爪の下の肉の部分まで見えてしまうほどの深爪をすると意外と簡単に巻き爪になってなってしまいます。
 
爪を切るときは白い部分を1ミリ程度残し、両端の部分は残して爪が四角い形になるようにカットすれば巻き爪のリスクをかなり軽減することができます。
 
恐ろしい巻き爪
 
巻き爪になると、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
 
巻き爪になることで起こる問題点を以下にご紹介します。
 
○痛み・出血
 
巻き爪の一番恐ろしいところは、爪の両端が巻いて肉に食い込んでしまい、皮膚を突き破るような激しい痛みです。
 
ホッチキスの針のように皮膚の中まで爪が刺さってしまうと、出血が伴うこともあります。
 
巻き爪は何もしていない時も痛いですが、何よりも歩くときに痛みが強いのが特徴です。
 
場合によっては、痛みで歩くこともできなくなる人もいます。
 
○歩き方・姿勢
 
巻き爪になると、痛みをかばうような歩き方をするようになります。
 
足の親指に体重をかけないように歩くので、自然に足の外側に重心を置くがに股になることがあります。
 
また、腰に負担がかかる前傾姿勢になったり、猫背気味になってしまう人もいます。
 
歩き方は一度癖がつくとなかなか治らないので、注意が必要です。
 
 
○ハイヒールを履けない
 
ハイヒールは足が前に滑るので、足先を圧迫して巻き爪が悪化してしまいます。
 
また細くて高いヒールは、足先に体重がのしかかってしまい、爪に大きな負担がかかります。
 
どうしてもハイヒールを履かなければいけない時は、1日はいたら次の日はフラットな靴を履くようにし、連続してハイヒールを履き続けないように意識してください。
 
 
もし、巻き爪の症状で困っているのであれば専門医に相談してみましょう。
 
 
巻き爪治療についての詳細はこちらをご覧ください。


わかば接骨院

住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR共和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101