わかば接骨院

大府市・東海市四十肩・五十肩などの痛みの治療|共和駅前のわかば整体院&接骨院は体の痛みやこり、歪みを根本解決します。

症状別ページ
TOP症状別ページ - 肩の痛み

肩の痛み

当院はプロの治療家に技術指導をする全国でも数少ないセラピストです
Line

こんなことってありませんか?

  • 肩は痛いがどこが痛いかわかりにくい、肩が重たい、こる
  • 肩を上や後ろに動かしにくい、動かない、服を着る時が辛い
  • 寝ていると痛くなってくる、夜間の痛みが強い
  • スポーツ時に痛い
  • 以前肩を脱臼したことがある

肩の痛みとは?

肩の痛みとは肩こりといわれる頚背部から起因するもの、肩関節自体の原因によるものがあり、前者の原因は頸椎の変形、ズレ、軟部組織の血行不良などです。

後者の原因で多いものとして加齢、使い過ぎからの軟部組織変性から発症するもの、変性部位への衝撃、損傷によるもの、スポーツにより発症する外傷や障害によるものに分けられます。

肩の痛みについて

肩関節の軟部組織、特に腱板を中心とした肩峰下関節の構成体は、肩峰と上腕骨頭に挟まれた位置にあって機械的刺激を受ける機械が多く、加齢とともに組織の変性をきたしやすい。

これらをもとに次の疾患、外傷があげられる。

石灰性腱炎
肩峰下インピンジメント症候群
腱板断裂
五十肩(凍結肩)
上腕二頭筋長頭腱の断裂や炎症
投球動作、肩関節使い過ぎによる障害
肩関節の骨折、脱臼

それぞれの疾患、外傷は痛みに特徴があり、治癒までの期間も全く違います。

正しい鑑別と治療が必要といえます。

五十肩は通常、片側にだけ発生し、回復後に同側に再発することはほとんどないため、強い肩の痛みを繰り返して訴える場合は、他の疾患との鑑別が必要です。

腱板断裂、石灰性腱炎、絞扼性神経障害、頸椎疾患、腫瘍性のもの、内臓疾患からの関連痛などがあります。

特に、痛みが長引くときは腱板断裂を疑う。

五十肩と腱板断裂では痛みの現れ方が違うことが多い。

五十肩では腕を上げる途中に痛みがなく「これ以上は上がらない」という動きの最後の時点で痛みが起こることが多く、腱板断裂では腕を上げる途中に痛みが起こることが多い。

腱板断裂を放置しておくと腱板や周囲の筋肉が萎縮したり、断裂が広がったりして日常生活に支障をきたす為、早期発見が重要である。

肩の痛みの治療は疾患、原因、患部の病期で異なります。

代表的な五十肩の場合、治療は保存療法が中心で手術治療が必要であることはごく稀です。

保存療法では、患部の消炎鎮痛目的で手技療法や物理療法を行います。

痛みを早期に取り除く、拘縮を残さないことが重要である。  

わかば接骨院では肩の痛みの根本原因を特定し、手技治療を中心に関節のズレ、歪み、筋肉の過緊張をとります。

日常生活動作に支障がでないように可動域訓練を徹底的に行います。

深部の軟部組織には超音波治療、マイクロ波なども併用し効果を高めます。

肩関節と近接する関節は重要で肩甲骨部、上腕部のストレッチも行います。

肩疾患の鑑別を行い、腱板断裂、石灰性腱炎など外科的治療が必要な場合は整形外科に適切に紹介いたします。



患者様の声



Line
受付時間
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101