わかば接骨院

大府市共栄町のわかば接骨院は、体の歪みやO脚・X脚矯正から胼胝(タコ)鶏眼(魚の目)巻き爪治療、産後の骨盤矯正までトータルサポートします!

症状別ページ
TOP症状別ページ - 肘・手首の痛み

肘・手首の痛み

当院はプロの治療家に技術指導をする全国でも数少ないセラピストです
Line

こんなことってありませんか?

  • 子供の抱っこを長期間続けている。産後、授乳中である
  • テニス、野球、ゴルフなどプレイ中に痛む
  • 肘の骨のまわりを押すと痛い
  • 以前手首をついてケガをしたことがある
  • 仕事で手首を使った同じ作業を長年している

肘・手首の痛みとは?

手首や指、肘を動かした時や手をついて立ち上がる時、物をもつ時に手首や前腕部、肘に鋭い痛みがある時、レントゲンなどの画像診断では異常がないことが多いと思います。

痛みはしつこく、おさまってもまた繰り返す為、原因の軟部組織の特定、消炎治療だけでなく動作の改善、周囲の筋肉のバランスの調整が重要になってきます。

肘・手首の痛みについて

前腕の筋肉の走行は、主に肘から始まり手の平の骨や指の骨まで伸びています。

これらの筋肉の収縮活動によって、物をつかんだりラケットを持って振ったり、細かな作業を行ったりしています。

つまりこれらの筋肉の状態が常に緊張していたり線維が硬く収縮がスムーズにいかないと付着部の肘の骨に負荷が集中します。

このような筋肉の状態で反復した運動(テニス、ゴルフなど)や仕事を行うことにより炎症を起こします。

外側上顆炎が代表的です。

手首及び周囲には腱が走行しており、あまりに過剰に運動、摩擦が繰り返されると、腱鞘は肥厚してその内側は狭くなり、中を通る腱の運動に障害が起こり炎症が起こります。

ドケルバン腱鞘炎やばね指が代表的です。

また、局所的な問題だけでなく、周囲、運動連鎖の関節である肩関節の動きや肩甲骨の動きが悪い場合、手首の痛みや肘の痛みを発症する可能性が上がってしまうため、幅広い治療が効果的です。

この他、妊婦さんや出産後・授乳中の女性の方たちも、手首、肘の痛みや腱鞘炎に悩んでいる方は多いと思います。

この時期は女性ホルモンの変化が多い時期で、女性ホルモンの働きで関節の動揺性が生まれ、動揺性による手首の負担が増したり、動揺性を防ごうと手首の筋肉にさらに強い力が加わるため、普段より手首の痛みや腱鞘炎が起こりやすくなってしまうこともあります。

手首、肘の痛み治療にあたっては、骨性なのか、関節性なのか、軟部組織性なのか原因を追求し、日常生活、仕事でどんな使い方をしているのか把握し効果的に治療を組み合わせて進めていく必要があります。


整形外科での一般的な治療は消炎鎮痛薬などの薬物療法、装具療法、症状によっては手術療法の場合があります。

骨院での一般的な治療は原因筋の筋緊張をとる為の手技治療、消炎鎮痛に効果のある電気治療、テーピングでの負荷の軽減などが主な治療です。
 

わかば接骨院では痛みの原因となる筋、腱に手技治療、低周波治療、超音波治療、テーピングを併用して治療していきます。

手技療法では手、肘関節の調整にモビライゼーション、AKAなど理学療法特殊テクニックを用います。

再発予防の為の、日常生活動作での注意事項、セルフストレッチなどの説明を丁寧に行います。


患者様の声



Line
受付時間
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101