わかば接骨院

大府市共栄町のわかば接骨院は、体の歪みやO脚・X脚矯正から胼胝(タコ)鶏眼(魚の目)巻き爪治療、産後の骨盤矯正までトータルサポートします!

部位別症例
TOP部位別症例 - 膝の痛み

膝の痛み

当院はプロの治療家に技術指導をする全国でも数少ないセラピストです

こんなことってありませんか?

  • 立ち上がりなどの動作の開始は膝が痛む
  • 膝に水が溜まって注射で抜いたが繰り返す
  • 毎日運動しているがその都度痛む
  • ウォーキングをやめてから膝が痛くなった
  • 以前靭帯や半月板などをケガで損傷したことがある

膝の痛みとは?

膝の痛みは子供から高齢者、アスリートから一般人でも、大いに影響をもたらします。

実際には部位も程度もそれらからおこる影響も様々であります。

痛みは日常生活動作、スポーツ動作のパフォーマンスを低下させ、代償動作による他の関節への影響もはかりしれません。

膝の痛みについて

膝は多くの構成成分(半月、靭帯、軟骨、骨、関節包、滑膜、脂肪体)からなり、ほかの関節に比べ構造が複雑な反面、安定性についてはそのほとんどを靭帯に依存しているため、不安定な関節です。

長期間膝を酷使してきた人はもちろん、姿勢に癖がある人、体重のかかる部位が偏り、膝に余計な負担をかけてしまうことがあります。

変形性膝関節症が代表的な疾患ですが、痛みの原因は膝自体の骨だけではありません。

痛みの原因には軟骨のすり減りによるもの、半月板の変性もしくは損傷によるもの、筋肉及び筋腱付着部の障害によるもの円板状半月による膝外側の炎症によるもの大腿骨と膝蓋骨の間にはさまれた内側滑膜ヒダによる障害によるものなどの原因がありそれらの主訴、特徴を踏まえ鑑別していく必要があります。

スポーツや転倒、ケガなどのよっておこる膝の痛みはRICE処置が基本ですが、どのように発生したか、痛みの場所、損傷部位によって治療していく内容は変わります。

著明な腫れや歩行不可の場合は精密検査が必要となります。

乳幼児期のこどもに見られる膝痛は,夜間痛が多く見られます。

レントゲンでは異常なく、成長痛と診断さるケースが多いものの、遠足にいってたくさん歩いた後や、公園で朝から晩まで遊んだ夜に痛む場合は、オスグッド病などの器質的な原因を認める場合もありますので自己診断は禁物です。


整形外科での一般的な治療は薬物療法(消炎鎮痛薬やヒアルロン酸など)、装具療法、穿刺(水を抜く)、手術療法などです。

大半は手術をしない保存的治療です。接骨院での一般的な治療は、膝周囲の筋肉などの軟部組織のマッサージ、ストレッチや消炎鎮痛効果のある電気治療、温熱治療、筋肉をつける運動療法が主なもので副作用等ない治療です。


わかば接骨院では膝関節の負担軽減に影響する筋肉の手技治療、ストレッチを中心に関節の炎症部を特定し、微弱電流にて細胞単位の組織修復をはかり低周波治療、高周波治療によって消炎鎮痛治療を行います。

「水がたまる」を繰り返さない為には、根本的治療、予防が必要です。

当院にはスタイレックスがあり、O脚、X脚の矯正治療も可能です。

子供から高齢者まで幅広い年齢層への対応が可能で膝の痛み治療、アライメント矯正を行います。



患者様の声



受付時間
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101