梨状筋症候群 大府市、30代、男性

右首の痛み、右腕の痺れ、頭痛

主訴

仕事中や、朝起きる時にお尻から足にかけて痛みや痺れがある

患者様情報

大府市在住、30代、男性

お仕事内容

立ち仕事、重たい物を持つ

経過と施術内容

仕事中や朝起きた時、座ってる時やそこから動き出す時にお尻から足にかけて痛みや痺れがあるとの事でした。
筋力チェックをしたところ、インナーマッスルや腹筋がうまく使えてないことがわかりました。それにより、お尻が通常よりも筋疲労を起こし血管や神経が圧迫され、痺れにまで繋がってると考えました。
治療内容は、足から骨盤周りの骨格を整えることと、インナーマッスルや腹筋を賦活させるような治療をしていきました。
初回終わった後、お尻の痛みも和らいで前後屈の動きも施術前より大きく動いていました。
ご自宅では骨盤を整え、インナーマッスルを賦活させる体操をお伝えしました。

考察

お身体の動きの検査をしていてお尻や足だけの問題ではないと思い、全体の可動域チェックや筋力チェックを行いました。
インナーマッスルや腹筋の筋力が使い方を忘れている状態だったのが筋力チェックをしてわかりました。
お仕事で常に重たい物を持って作業しているのですが、体全体で支えることが出来ず、通常よりもお尻に負担がかかり筋疲労が起きていて痛みに繋がっていると考えました。
更に、お尻の筋肉が疲労で硬くなることにより血管や神経を圧迫して足まで痺れが出てしまっていると考え治療して治療しました。
初回でかなり痛みが和らいだのでご本人もびっくりされてました。
治療とセルフケアをしっかり続けて、痛みに負けない身体づくりをしていきましょう!

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付