重たい荷物を持ったら急に腰がピキッと 豊明市、40代、 男性

腰痛

主訴

こんにちは。

今日は、仕事中に重いものを持ち上げ腰(起立筋)に痛みが出た患者様の経過を報告させていただきます。

普段から、仕事中は重いものを持ち上げ、また日常生活ではお子様を抱っこすることも多く、日頃から腰に負担がかかっていました。

患者様情報

豊明市在住、40代、 男性、お子さん2人(2歳と3歳)

 

お仕事内容

重労働(重い段ボール)、デスクワークもあり

経過と施術内容

初診時、身体を動かそうとすると痛みが強く、詳しく検査ができる状態ではなく、とてもお辛そうな様子でした。

可能な範囲で、可動域や全体のアライメントを評価させていただき、この患者様は骨盤前傾増強、腰椎前弯増強があり、重いものを持つときに限らず、日頃からアライメント不良で腰椎に過度な負担がかかっていたことが伺えます。
また、後屈の可動域制限、体幹の回旋制限も大きく見られました。
お話をお伺いすると、今回のようなぎっくり腰は過去にも3回ほどあり、家でもお子様を抱っこしていると基本的に痛みがあるとのことでした。
また、仕事中も後半になるにつれて腰が重くなってきて、徐々に痛みに変わってくるそうです。
今回も、腰に違和感はあったものの、仕事中に15キロほどのダンボールを持ち上げ、左の起立筋に痛みが走ったとのことでした。
仕事の後半に、身体に不調を訴えるケースでは、もちろん一日の疲労からきてることもありますが、この患者様は体幹の中でもDFL(ディープフロントライン)の筋力低下が著しく、筋力低下が原因で、後半にかけて痛みが強く出てくると考えられます。
DFLの検査をより詳しくさせていただいたところ、内転筋、及び大腰筋の左の筋力低下があり、左右差も大きく見られました。
立位での姿勢チェックを行うと全体的に左重心になっており、庇った逃避姿勢も考えられますが、筋力の検査結果から、左のDFLの筋力低下によって見られる姿勢と考えられます。
現状では、これ以上の検査は不可能ととらえ、初回の治療では、まず弱っているDFL(内転筋、大腰筋)の筋賦活療法を行いました。ぎっくり腰になる患者様のほとんどが大腰筋と呼ばれる背骨を支えてくれている筋肉が弱っています。
大腰筋を鍛える目的というよりは、今まで使っていなかった分、体が使い方を忘れてしまってるので、大腰筋を使えるように刺激を入れていく治療です。
ペインスケール10→8
痛みは最初よりは減少したが、まだ炎症症状が強いためハイボルテージと3Dの電気治療を行いました。
これにより、明らかに動作に変化が出て、前屈のROM及び回旋ROMが上がり、痛み(ペインスケール8→6)も減少しました。
初回の痛みが強く心配だったため、翌日も治療にご来院いただきました。
痛みのレベルとしては、若干痛みが強くなったとのことでしたが6→7。
昨日よりもより細かい調整ができる状態だったので、可能な範囲でBMK整体を行いました。思っていた以上にLAが強く、普段から大腰筋の機能低下により、起立筋に過度な負担がかかっていると言えます。
休日はお子様を抱っこすることが多く、よりDFLの強化が大切になってくるため筋力賦活療法を行い、自宅でもインナーマッスルを賦活させる体操ができるように、指導しました。
2回目の治療では、ペインスケール7→4まで軽減し、後屈及び回旋ROMもだいぶ上がりました。
ただ、初診時に見られた立位の左重心は改善されておらず、やはり痛みは減少しているものの、DFLはまだ賦活しきれていない状態でした。
3回目以降は、アライメントを整えるためBMK整体、使いきれていないDFLを改善させるために筋賦活療法、ご自身で筋賦活をしてもらえるようにHBTを行い、後々は歩行指導まで行っていく治療計画を立てました。
7回目のご来院時には、痛みはほぼゼロに近く、ご自宅で体操をしっかりと取り組んでいただいたこともあり、早い段階で痛みが軽減されました。現在は歩行指導をメインで行っています。
 日常生活から歩行を意識していただくことで、元々左重心になっていた姿勢も改善傾向に向かっています。
また、お子様の抱っこも支障なくできて休みの日はお子さんと一緒に遊ぶことができるようになったとのことでした。
今後も治療と歩行指導をメインで続けていき、将来的には自分自身で身体のケアをすることが理想になってきます。現在は、2週に1度のペースでご来院いただいております。

 

考察

今回の患者様は、身体を支えるDFLの低下、及びアライメント不良が大きな原因となって、ぎっくり腰になったと考えられます。

DFLの低下やアライメント不良が起こる原因としては、日常生活の過ごし方が大きく関わってきます。この患者様だと、仕事中のデスクワーク時の座り姿勢、重心がずれている歩行、休日の長時間によるお子様の抱っこの負担などです。これらが積み重なって、ぎっくり腰になったと言えます。

DFLの筋力低下が起こっていると身体に不調は起こりやすいです。インナーマッスルは、日常生活の立つ・座る・歩くの動作でインナーマッスルを使うことができるため、一度しっかりと鍛えて使えるようにすると、落ちにくいと言われています。

ぎっくり腰に限らず、慢性的な腰の痛みで悩まれている方も、一度当院をご利用ください。

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※祝日は18:30まで受付