産後の腰痛と治療 

産後の腰痛にご注意

赤ちゃんを産んだ後に、腰痛が続いてつらい思いをしているお母さんが多いです。

腰痛が続くと眠ることもできずに、憂鬱な日が続きますよね。

ただでさえ生まれたての赤ちゃんのお世話で大変なのに、そのうえ腰痛まで起きてしまっていたらお母さんは休まる時間がありません。

特に、腰痛を抱えながらの育児はとてもしんどいため、産後の体力が回復しきっていない体にはこたえますよね。

腰痛がきっかけで産後のうつ病になってしまう人もいるほどなんですよ。

産後の腰痛はどうしたらいい?

腰痛が軽い段階だと「これくらいなら我慢すれば大丈夫」なんて言って放置してしまう人もいます。

しかし、腰痛は早く治療を始めれば始めるほど重症化を防いで早く治すことができます。

産後の腰痛治療には、以下のような方法があります。

●血流の改善

血流が悪くなると、腰痛が悪化しやすい状態になります。

腰周辺にたまる筋肉疲労や老廃物がスムーズに流れなくなり、蓄積していくと腰痛が起こります。

滞った血流を改善すると、全身に栄養がいきわたり、疲労がたまって固くなった筋肉をほぐしてくれるのです。

血流をよくするのに最も簡単な方法は、患部を温めることです。

腰回りは冷えやすいので特に重点的に温めておく必要があります。

普段から腹巻を巻いてみたり、カイロを貼って温めましょう。

入浴も全身の血流を促して、冷えを改善する効果があるのでできるだけ毎日湯船につかれるのが理想的ですね。

●骨盤矯正

産後の腰痛対策で、一番おすすめなのが骨盤矯正です。

10カ月間赤ちゃんの重みをお腹に入れて生活していたことで、腰には相当な負担がかかっています。

なかには妊娠しているときから腰痛を感じていた人も多いでしょう。

出産によって開いた骨盤は、歪みやすく姿勢や動作の影響を受けやすくなっています。

周囲の関節を緩みやすくなっており、そのせいで腰痛が悪化してしまいます。

このゆがみや緩みを骨盤矯正によって改善していくことで、産後の腰痛を治療していくことができます。

骨盤矯正は自宅で行える簡単なものもありますが、専門家の指導の下で行うほうが確実に骨盤をいい方向へ治すことが可能ですよ。

●ストレスのない生活

妊娠という大変な時期を乗り越えて赤ちゃんが生まれて・・・。

妊娠・出産によって女性の生活は目まぐるしく変わっていきますよね。

自分では自覚がなくても、環境が変わっていくとストレスが溜まっていきます。

慣れない育児のせいで、夜も眠れない日が続くこともあります。

ストレスが溜まると血流が悪くなり、腰痛を引き起こしてしまいます。

周りの人に協力してもらって、一日のうち少しでもリラックスできる時間を作るようにしましょう。

骨盤矯正は専門家の意見を取り入れながら行う事をオススメします。

産後の腰痛治療についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付