産後に腰痛が酷くなる悪い原因

産後に腰痛が酷くなるのはどうして?

産後、女性には様々な身体の変化がありますよね。

妊娠中、多くの女性は「子供が産まれたら元の身体に戻る」と思われている方も多いのですが、少しずつ変わっており、ケアが必要となるケースもあるほどなんです。

その中でも多くの人が悩みを持っているのは、腰痛ではないでしょうか?

今まで肩こりは感じてはいたものの、腰痛についてはあまり悩みが無かったという方が、産後急に腰痛に悩まされる女性は多くいます。

育児の大変さと腰の痛みを抱えながらも辛い毎日を過ごす…となっては、ストレスが過剰に蓄積し、子育てという本来は幸せな時間が苦痛のみに変わっていくかもしれません。

今回は、そんな産後の腰痛が酷くなる原因をご紹介します。

育児で寝不足や寝る場所が原因

出産直後はお子さんの夜泣きなどで十分な睡眠時間を確保できなくなります。

寝不足は交感神経を優位にさせ、血管を収縮させます。

その結果、血流が悪くなり腰の痛みが出てきます。

さらに、子供に付きっ切りになるので、まともに寝室で寝れず、ソファーや床で仮眠を取る…という人も多いですよね。

適切な場所で身体を休めないと、腰に負荷がかかり腰痛は悪化してしまうのです。

特に夜泣きが酷い時期は子育てが優先で自分の身体なんて構ってられない!という方が多いので腰痛を我慢し続けている…というのが現況です。

骨盤の歪みを放置していた

夜泣きが落ち着き、ある程度睡眠時間が取れるようになったにも関わらず、腰痛に悩んでいる方はたくさんいます。

その多くの原因が、出産後歪んでしまった骨盤を放置していたケースがよく見られます。

出産する際、女性の骨盤は開きやすくなります。

そして出産が終わると、本来の骨盤の状態に少しずつ戻っていきますが、この時の骨盤は柔らかく、非常に不安定な状態なので多くの人が歪みを起こしたまま固定されていきます。

骨盤が歪んでしまうと、腰痛の大きな原因に繋がります。

特に恥骨部分が痛くなるのは、まさに出産後によく見られる症状です。

しかし、寝不足によって起きる腰痛は「どうしようもできない」場合が多いのに対し、骨盤の歪みによって起きる腰痛は骨盤矯正をすることによって改善されることがほとんどです。

辛い腰痛は一人で悩まず、専門機関での正しい処置を検討する事が、腰痛が酷くなる原因を取り除く第一歩ではないでしょうか?

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付