産後の変化と骨盤矯正について

出産と骨盤の動き

妊娠してから出産するまで、女性の骨盤は大きく動きます。

妊娠から出産までの約10か月間の間に、赤ちゃんが通れる産道を作るため、ゆっくりと骨盤は開いていきます。

そして出産後、1週間~2週間程度で骨盤は急激に閉じます。

この間に骨盤が歪むような姿勢や生活習慣をしていると、骨盤に歪みが生じてしまいます。

出産は骨盤に大きな負担をかけるだけでなく、歪みの原因にもなってしまうのです。

人間の上半身と下半身をつなぐ骨盤が歪むと、体の各部分に悪影響を与えてしまうのです。

出産が終わったからと言って、骨盤の役割が終わったわけではありません。

骨盤は子宮をはじめとする内臓を支え、守ってくれる場所でもあります。

骨盤の歪みに伴う不調

骨盤の歪みがひどくなると、以下に挙げるような不調が起きます。

〇下腹がポッコリと出る(肥満)
〇ニキビ・じんましんなどの肌荒れ
〇ひどい生理痛・生理不順
〇冷え・血行不良
〇肩こり
〇顔の歪み
〇眠れない
〇消化器官が不調になる(便秘・下痢)

出産後このような症状に悩まされる女性がたくさんいます。

骨盤の歪みを放っておくと、これらの症状が進行したり、複数の症状が同時に起こる可能性もあります。

骨盤の歪みを矯正することで、症状の改善が期待できます。

骨盤矯正の効果には個人差があるものの、ゆがみを治すことで見た目だけでなく健康な体を手に入れることにつながるのです。

骨盤矯正は徐々に行う

骨盤矯正は、出産から1カ月以上経過したタイミングで始めましょう。

産後1カ月~6カ月の間は、骨盤が柔らかくなっているため元々あった歪みを治すのにぴったりの機会でもあるのです。

骨盤矯正を始めるタイミングにも個人差があるため、一度専門医を受診して相談してみてはいかがでしょうか。

一般的に、骨盤矯正に最適な期間は出産後1カ月~6カ月とされていますが、その期間を過ぎても骨盤矯正を行うことができます。

出産から数年経過した方でも、骨盤矯正を始めるケースは多いです。

骨盤矯正を始めたからと言って、すぐに絶大な効果が出るわけではありません。

ズレてしまった骨盤を少しずつ治して、悩みや不快な症状を改善していくのです。

産後の骨盤矯正に使えるグッズや情報もたくさんあるので、自分でできることから始めてみるのも一つの方法です。

確実で安全に骨盤矯正を進めていくのであれば、プロの施術を受けることをおすすめします

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付