恥ずかしくない!産後の尿漏れ対策はお早めに!

尿漏れを恥ずかしいと思って我慢していませんか?

産後、女性は育児だけでなく身体のさまざまな変化に対しても悩みを持つことが多くなりますよね。

意外にも多いのが「尿漏れ」の悩み。

悩んでいる人が多いのに、産後太りや腰痛など違ってあまり話題に出ないのは、皆さんどこかで「恥ずかしい」と考えているのが原因のようです。

本来、尿漏れは出産が原因であれば自然と改善されていきます。

しかし、中には自然には治らず何年も一人で悩みを抱えている…という方もいます。

この場合は、尿漏れの対策をするべきだと言えます。

では、どんな対策方法があるのかをご紹介します。

産後の尿漏れ対策①肥満解消

産後、かなり体重増加があった方は尿漏れが治りにくい状況にあると言われています。

と、言うのも体重が増加する事で膀胱が圧迫され、尿漏れがしやすくなります。

特に産後太りという言葉があるように、出産後は意外にも太って体型自体が変わってしまう…という方も多くいるほど。

出産後の無理なダイエットは禁物ですが、体型が変わらないようにするためにも、甘いもの・脂っこいものを食べ過ぎないようにしつつ、適度な運動をすることで肥満が解消されて尿漏れが改善していく方もたくさんいます。

産後の尿漏れ対策②骨盤矯正

皆さんは「骨盤底筋」という言葉を聞いたことがありますか?

骨盤を支えている筋肉で、出産のときには力み過ぎてこの部分が伸びて傷ついてしまうケースが良く見られます。

そもそも、この骨盤底筋は尿漏れの大きな原因の一つとなっていて、骨盤底筋は尿道をコントロールしている筋肉なのです。

しかし通常は時間経過と共に改善されていきますが、中には骨盤が歪んでいたり開いたままになっていると、いつまで経っても尿漏れが改善されていかない方がいます。

産後は骨盤が緩いので、開きやすく歪みやすい時期でもあります。

さらに骨盤底筋が痛んでいれば、尿漏れが起きる確率はかなり高くなると言えます。

出産を経験したママの半数ほどは経験していると言われている「尿漏れ」は、人によっては外出をためらってしまうほどの悩みに発展するケースもあるほどです。

恥ずかしい事ではないので、一人で抱え込まず産婦人科や泌尿器科など専門機関に相談する事も、解決への第一歩に繋がります。

また、骨盤が歪んで尿漏れが起きている場合は、接骨院などの専門機関で施術を受けるのも一つの解決方法だと言えます。

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付