産後太りと骨盤矯正

気になる産後太り

出産前から気になっている女性も多い「産後太り」。

確かに妊娠中にはそれまでにないほどの大きな体重変化がありますから、出産した後もとの体型に戻れるのかどうかはとっても気になりますよね。

体重が増加したままだと子育てをするのにも動きにくいうえに、腰痛や膝痛を招くこともあって厄介です。

なぜ産後は太りやすいのか?

産後に太りやすい理由について多くの女性が、「妊娠中に増加した体重がそのままになるから」だと思っています。

もちろん、妊娠によって体重は急激に増加します。

しかし、出産後にはちゃんと元に戻るようになっています。

元に戻るといっても出産してすぐに戻るわけではなく、1か月ほどをかけてゆっくりと元の体重になっていくのです。

ではなぜ産後太りが起こるのか?

その2つの理由を以下にご紹介します。

①骨盤の歪み

出産のためには赤ちゃんの通る道を作るために、骨盤を開く必要があります。

一度開いた骨盤は、筋肉が緩んでとても歪みやすいのです。

骨盤が歪んだ結果として、血管や内臓が圧迫されて代謝が悪くなり、脂肪が蓄積されて産後太りになります。

また、骨盤が前に傾くと、内臓が下がってきてお腹がポッコリ出てしまいます。

さらにその部分を取り巻くように皮下脂肪が付き、下半身太りが起こります。

②食べ過ぎ

出産に大きなエネルギーを使っているため、失ったエネルギーを取り戻そうと食べ過ぎてしまうことがあります。

母乳で育児をしている場合は、さらに食欲を抑えることができなくてついつい暴飲暴食をしてしまうお母さんもたくさんいます。

慣れない育児のストレスを食事で発散しようと、高カロリーなものを好んで食べてしまうなんてことも少なくないのです。

好きなことを食べることは悪いことではないのですが、食べ過ぎは禁物です。

産後太りを防ごう

産後太りを防ぐためには、まず食生活を見直さなければいけません。

産後の女性の体は、体力を使い果たし弱っています。

好きなものだけ食べたり、栄養バランスを考えていない食事をしていては必要な栄養素をとることができず、体の回復が遅れてしまいます。

産後だからこそ、五大栄養素がバランスよく入った、体にいい食事を心掛けなければいけないのです。

必要なカロリーは摂取しつつ、太る原因となるようなものが少ない和食を中心としたメニューにしてみましょう。

そして、骨盤を整えることも重要です。

産後の骨盤は最大限に開き、とても歪みやすいので骨盤矯正で歪みを改善しましょう。

骨盤矯正を開始するベストタイミングは、出産から2カ月~6カ月の間です。

骨盤矯正を始めるときは、自己流で進めるよりも専門家の意見を聞きながら行う方が効果的です。

わかば接骨院でも産後の骨盤矯正に関する相談を受け付けております。

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付