産後の骨盤矯正体操

出産と女性のからだ

男性の体は一生のうちで大きな病気などをしない限りそれほど激しく変化することはありませんよね。

しかし女性の体は、人生の中で何度か大きな変化を迎える時があるんです。

そのいくつかある大きな変化のひとつが、妊娠と出産です。

新しい命をこの世に産み落とすのですから当然、環境が大きく変わるということもありますが、それに合わせて体も大きく変わっていくのです。

まず、赤ちゃんを産むということは体にとても大きな負担がかかることなので、その負荷に耐えられる体に変化していきます。

最も大きく変わるのは、妊娠中に赤ちゃんを守る骨盤です。

女性が妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されます。

このホルモンの働きによって骨盤の周りの筋肉が柔らかくなり、骨盤を開きやすくします。

赤ちゃんを産むためには、骨盤を開きやすくする必要がありますが出産後に骨盤の開きに悩む女性も少なくありません。

産後の骨盤の開き

出産のとき、骨盤は赤ちゃんの通り道を作るために最大限まで開きます。

出産が終わったからと言って、開いた骨盤がすぐに元に戻るわけではありません。

開いた骨盤は出産後、半年くらいの時間をかけてゆっくりと出産前の状態に戻っていきます。

その間の骨盤は、緩んでいてとても歪みやすくなっています。

そのまま何もせずに放置すると、生活習慣や姿勢の悪い癖から骨盤が歪んでしまう恐れがあります。

また、骨盤が開いたままになってしまうこともあるため、産後には骨盤矯正をするのがおすすめです。

簡単にできる骨盤矯正体操

骨盤矯正は、骨格の特徴を知り尽くした専門家のいる医院で行うのが一番ですが、忙しくてなかなか足を運べないという人は、簡単な骨盤矯正体操をしてみましょう。

自宅で簡単にできる骨盤矯正体操をご紹介します。

〇腰回し体操
①肩の力を抜いて、足を肩幅くらいに開いて立ちます。
②両手を腰に当てて、ゆっくりと左方向に2~3回大きく回します。
③左が終わったら、右に同じように回します。

〇腰ひねり体操
①両足を開いて、足をのばして座ります。
②左手をお尻の後ろについて、右手は足の間に置きます。
③上半身を左にひねります。
④上半身をひねったまま、右手を左手に重ねるように置きます。
⑤20秒ほどその状態で保ち、続いて逆方向も行います。

産後の骨盤矯正は、出産して2~6カ月の間に行うのがベストタイミングです。

6カ月を過ぎてからでも骨盤矯正は可能ですが、この期間のほうが骨盤が動きやすいためより理想的な骨盤の状態に近づけやすいのです。

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付