産後太りに効果的な行動

産後は自然に痩せるなんて都市伝説?

出産前、多くの女性が「今は妊娠中だから仕方ないけど、出産後は自然と体重が落ちてくるはず!」なんて甘い夢を見ている人がいますが、実際の声を聞くと

「体重が全然戻らなかった!」
「むしろ太り続けた!」
「母乳をあげているのに体重が減らない!」

という方がたくさんいます。

つまり、産後太りをしてしまったという事。

もちろん、中には自然に体重が落ちた方もいますが、育児に追われて「ダイエットどころではない!」なんて人には、どうにか日常生活の中で体重を落としていきたいですよね。

今回は、産後太りに効果的な行動を紹介します。

食事の内容に気を付ける

まず、産後太りで最も多い理由が

「食べ過ぎ」

があげられます。

単純な理由ではありますが、つい「母乳をあげるためにたくさん食べなくちゃいけない」という思い込みが、食べ過ぎを招いてしまうのです。

もちろん、母乳だけでなく育児を乗り切るためのパワーを補充するためにも栄養をいつも以上に意識し、食事を摂取する必要はありますが、

・お腹がいっぱいなのに食べてしまう
・ストレス発散のために暴飲暴食している
・周りに勧められると食べるのを断れない

という人は、一度食べている量や内容を一度見直してみましょう。

特に甘いものが止められないという方は要注意。

甘いものを欲しているという事は「他の栄養素が不足している」というサイン。

つまり、食べ過ぎているのに栄養が不足している可能性があるという事なんです。

必要以上に食べ過ぎている・甘いものが止まらないという方は、咀嚼回数を増やして食べる、野菜を意識して摂取するなど改善する必要があるかもしれませんね。

骨盤の歪みを矯正する

産後、お腹周りや下半身が特に気になってきた…という方は、骨盤が歪んでいる可能性が考えられます。

と、言うのも女性の骨盤は、出産前後は骨盤が緩く、歪みやすい時期でもあるからです。

知らない間に骨盤が歪み、歪んでしまえば骨盤周りの血流が悪くなり、脂肪燃焼もしにくい身体へと変わっていきます。

「産後、運動をしているのに痩せにくくなった」

という方は、加齢が大きな原因というよりも「骨盤」が関係しているかもしれませんね。

しかし、産後の骨盤は歪みやすいのですが、歪みを矯正しやすい時期でもあります。

骨盤が動きやすい分、通常よりも短いスパンで改善が期待できるのです。

また、産後太りの解消だけでなく腰痛や尿漏れなどの改善も期待できるので、気になる方は骨盤矯正を検討してみるのも、有効かもしれません。

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付