産後ダイエットの進め方

出産後に気になること

出産を終えたら、妊娠中に増えたお腹周りのお肉や骨盤の歪みなどが気になりはじめますよね。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を与えるために、どうしても食事量が増えます。

妊娠中は運動量も減るので、ある程度脂肪がついて体重が増加するのは避けられません。

「出産が終わったらダイエットしよう!!」と意気込んでいたものの、いざ出産を終えると育児に追われてなかなかダイエットをする時間が無いですよね。

しかし、時間がないという理由で伸びた皮膚や筋肉をそのまま放っておくと、元に戻らなくなってしまいます。

実は、出産後の体は脂肪が柔らかく流れやすいという特徴があります。

妊娠中に体についた脂肪は、妊娠時以外の時につく脂肪とは少し違い、水分が多く燃焼しやすいため産後はダイエットにもってこいの時期なのです。

この時期を利用してダイエットをすれば、効率よくすっきりとしたボディを手に入れることができますよ!

後になって、「あの時ダイエットしておけばよかった…。」と後悔しなくてもいいように、タイミングを見計らってダイエットを開始しましょう

ダイエットの開始時期

ダイエットをすると決めたら「一日でも早く開始したい!!」と思うかもしれませんが、焦ってはいけません。

赤ちゃんを産んだ後の女性の体は、出産に大きなエネルギーを使ってしまったため疲れ切っています。

骨盤周辺の筋肉も伸び切っていますし、ほかの部分にも傷が残っています。

体力が回復し、体が元の状態に戻る前にダイエットを始めると逆に健康を害する可能性があります。

産後1~2カ月は、産褥期という体が元に戻るまでの期間です。

この期間は、体力を使うようなことは避けて赤ちゃんのお世話と自分の体の回復に集中しましょう。

産後おすすめストレッチ

体力が回復してきた産後1か月後ぐらいから始めるのにおすすめのストレッチを2つご紹介します。

回数や秒数はあくまで目安なので、自分ができる範囲で行ってくださいね。

1.お腹引き締めストレッチ

①膝を曲げてお尻を床につけて座ります
②ゆっくりと息を吐きながら、上半身を後ろに倒していきます
③「きついな」と思ったところで止めます
④そのまま手をまっすぐ前に出し、上半身を左側にひねります
⑤15秒~30秒程その姿勢を保ち、右側も同様に行います。

2.骨盤の歪みに効く

①仰向けにで寝て、両膝の間にクッションなどを挟みます
②膝を立てて、90℃に曲げます
③息を吐きながらゆっくりと膝を左に倒します
④10~20秒程経ったら、息を吐きながら膝をもとの状態に立てます
⑤右側も同様に行います

産後のダイエットには、骨盤矯正を一緒に行うと効果的です。

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付