産後の恥骨痛について

産後に起こる恥骨痛とは

出産という大仕事が終わって、一息つく間もなくすぐに赤ちゃんにお乳をあげたり、おむつを替えたりと大忙しの毎日が始まります。

そんなたいへんな時期に、産後の恥骨痛で悩む新米お母さんがたくさんいます。

下半身に力を入れると恥骨がズキズキと痛むのです。

これは妊娠から出産までの時期に現れる特有の症状なのですが、なぜ産後に恥骨が痛むようになるのでしょうか?

今回は産後に恥骨痛が起こる理由と、対策をご紹介します!

なぜ恥骨痛になるの?

産後に恥骨痛になる理由は、妊娠中の女性の体の変化が関係しています。

女の人の体は妊娠すると、赤ちゃんを産むために骨盤を開きやすくしていきます。

これは「リラキシン」というホルモンの作用によるもので、もともと骨盤を締めているじん帯を緩ませて骨盤を開き、赤ちゃんが入るスペースを作り出すのです。

じん帯は普段上半身の重みを支えるのに活躍してくれている部分なのですが、妊娠によってじん帯が緩んでしまうと赤ちゃんの重さがそのまま恥骨に乗っかってしまいます。

恥骨は本来重いものを支える力はほとんどないので、負担が大きくなって痛みが出てしまうんですよね。

また、出産のときに赤ちゃんの頭が大きかった人や股関節がもともと固い人は出産後に恥骨が痛むことが多い傾向が…。

しかも、妊娠・出産の際に大きく開いてしまった骨盤は、なかなかもとには戻りません。

出産後も骨盤が開いたままだと、恥骨への負担は減らないので痛みは強くなっていきます。

ひどい人になると、立つことも座ることも苦痛で車いすの生活になってしまうことも。

恥骨の痛みを治すためには、妊娠・出産によって開いてしまった骨盤を閉じることが大切です。

産後の恥骨痛を和らげるために

産後の恥骨痛を軽くするためには、骨盤ベルトで支えるという方法があります。

ベルトを使った人の多くが、使っていない人よりも恥骨の痛みが和いでいます。

出産後の1か月くらいは骨盤ベルトで締めておいて、2カ月以上経ったら骨盤矯正を取り入れるというのがおすすめのコースです。

骨盤矯正は恥骨痛の原因となっている骨盤のゆがみや緩みを改善して、出産前よりもさらに健康な骨盤になれるような環境づくりをしてくれます。

恥骨痛も治って、体調も良くなるなんて素敵ですよね。

産後の骨盤矯正を得意とする接骨院であれば、産後の体をいたわりながらしっかりと骨盤を締めていくことができますよ。

接骨院での骨盤矯正は、それぞれの女性の体調や体質にあったアプローチを進めていきます。

産後の恥骨痛治療についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付