産後の体調の変化

出産後に体に変化が訪れる

出産は体力と気力をつかう、とても体への負担が大きいイベントです。

たいへんな思いをした分、その喜びも言葉では言い表せないほどのものがあります。

出産してからも、休む間もなく赤ちゃんの子育てが始まり大忙しの毎日が待っています。

そんな出産後の体に不調が続くことがあります。

自分の体調の変化に戸惑って、出産前のように動けずに困っているお母さんもたくさんいます。

出産は体力の消耗が激しいので、しばらく安静にしていなければいけません。

体調不良が続くようであれば、早急にかかりつけ医や専門の医院で調べてもらう必要があります。

産後の尿漏れ・頻尿

出産後の女性の骨盤は、とっても不安定で動きやすくなっています。

ここで骨盤が歪んでしまったり、もともと歪みがあった骨盤がますます歪んでしまうことがあります。

出産後の体調の変化で困るのが「尿漏れと頻尿」です。

出産後の女性に「出産後に困ったことはありますか?」と質問すると、多くの女性が「尿漏れ・頻尿」という答えが返ってきます。

頻尿になると、常にトイレを気にしていなければいけないですし、尿漏れは服に汚れがついたりするのも気になりますよね。

では、なぜ出産後に尿漏れや頻尿になりやすいのでしょうか?

それには骨盤底筋が大きく関係しています。

骨盤底筋とは、女性の膀胱を支える働きをする筋肉です。

若いときや出産前は、骨盤底筋が締まっていて排尿をコントロールしてくれています。

しかし、出産のときに陣痛が長い時間続いて長時間力んでいたり、難産だった場合に骨盤底筋が伸び切ってしまい、膀胱を支える能力が低下します。

すると膀胱が下がってきてしまい、トイレが近くなることが増えたり、筋肉が緩くなって尿意を我慢すること難しくなってしまうんです。

骨盤底筋を締めるには

出産後の尿漏れや頻尿を防ぐためには、緩んでしまった骨盤底筋を締めることが重要です。

出産に伴う骨盤の開きが、骨盤底筋を緩ませる原因となっている場合があります。

開いてしまった骨盤を、骨盤矯正によって整えていくことで尿漏れや頻尿の悩みが解決する可能性が高いです。

伸びきった骨盤底筋を放置してしまうと、元に戻りづらくなってずっと尿漏れや頻尿と付き合っていかなければいけなくなってしまいます。

女性にとって尿漏れや頻尿はデリケートな悩みなので、なかなか人に相談できずに一人で抱え込んでしまう人も少なくないです。

でも、出産を経験した多くの女性が同じような悩みを持っていると思うと、少し気持ちが楽になりませんか?

産後でお困りの方は、早めの治療をおすすめします。

産後の骨盤矯正についての詳細はこちらをご覧ください。

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正 ☆託児可能

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付