追突!むち打ちはなぜ後から痛いの

交通事故の患者さんのお話です。
今回は、昨日追突されてしまい、首に痛みが出たため来院されました。€

それにしても毎度毎度ながら、むちうちというものは、なぜ後から痛くなってくるのでしょうか??

この方も昨日の時点では全く痛みがなかったので物損事故にしようとしていた矢先に、朝起きたら起き上がれないほどの首の痛みが出現!!

むち打ちのあとから出てくる痛みに関しては、現在の医学では説明出来ないらしく、その解明が急がれる案件であります。
長い時は数日から2週間くらい間が空いてから痛みが出現することもあるらしいです。
現在の交通事故の事後処理のことを色々思い返すと、事故から2週間以上経過してからの痛みについては事故との因果関係が問われる場合がありますので、やはり軽い違和感、軽い痛みでもよいですから早めに医療機関を受診した方が良さそうです。
わかば接骨院も交通事故によるむちうち専門治療が受けられます。お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

むち打ちの場合、傷めてから治療までの期間が長くなれば長くなるほど後遺症が残りやすいです。
やはり早めの医療機関受診が大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付