四十肩・五十肩の違い

四十肩・五十肩は何で名前を分けるのか

年齢につれて肩に痛みを覚え、上がらなくなるのが四十肩・五十肩。正式には肩関節周囲炎と言いますが、明確な原因はまだ分かってはいません。
しかしよく皆さんが疑問に思われているのが「四十肩」と「五十肩」の違いについてです。五十肩のほうが一般的に重度なイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

大きな違いは発症している方の年齢

この四十肩・五十肩と大きな違いは肩関節周囲炎を発症している方の年齢です。四十代の方が発症していれば四十肩に、五十代の方が発症していれば五十肩となります。
つまりはどちらが重度で重い…という区切りはハッキリと設けられておらず、四十肩の方でも五十肩より重度とされるケースもありますし、もちろんその逆もあります。
また、皆さんがよく悩まれる「四十肩と五十肩では治療が違うのか」ということも、特には違いはなく、その方の身体の状況や肩の痛みなどによって治療方法は変えられます。

肩が上がる角度は関係ない

よく勘違いされるのが、肩が上がる角度です。肩が上がらない方ほど五十肩、または六十肩…などと呼ばれる方もいますが、ここでも区別はしません。いくら肩が上がらなくても四十代で発症すれば四十肩と呼ばれるのです。
しかし年齢が若いほど治療すれば回復も早く、悪化も防ぐことができるので、この部分だけ見てみると大きな違いがあると言えます。
肩が上がらないというのは日常生活でもかなりの制限を設けられます。早めの治療が肩関節周囲炎が悪化するか、改善されるかのターニングポイントとなります。わかば接骨院でも肩の痛みの治療を行っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付