スポーツ障害とこむら返り

こむら返りとは

こむら返りとはいわゆる体の一部が「つっている」状態のことです。

誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

足のふくらはぎや足の裏、太もも、首、肩などの筋肉がピンと張って激し痛みを感じることをこむら返りといいます。

これは筋肉が急激に収縮し、けいれんして起こる現象です。

普通に生活していて急に足がつることや、眠っているときに太ももや足の裏にこむら返りが起こることもあります。

こむら返りの頻度やきっかけには個人差がありますが、こむら返りには起こりやすい体質や条件があります。

また、こむら返りは日常的に起こるスポーツ障害のひとつでもあります。

スポーツ中にこむら返りが起こると、プレーを続けることができず、つらいですよね。

こむら返りの原因を知り、対策をしましょう。

スポーツ中にこむら返りが起こる理由

こむら返りが最も起こりやすいのはスポーツをしているときです。

体内のミネラルが不足するとこむら返りになる可能性がとても高くなります。

代表的なミネラルはカルシウム・亜鉛・マグネシウム・ナトリウム・鉄などです。

カルシウムは筋肉を収縮させる働きを持ち、神経伝達を行います。

マグネシウムは、カルシウムの量を調節して、正常な筋肉の収縮に役立っています。

カルシウムとマグネシウムが不足すると筋肉が興奮状態になり、こむら返りの発生率が高くなります。

カルシウムは小魚や海藻に多く含まれ、マグネシウムは豆腐や納豆に多く含まれているので、不足しないよう心がけましょう。

また、汗とともに塩分と水分も体の外に出てしまうのでナトリウムとカリウムのバランスが崩れて筋肉が収縮し、こむら返りが起きるのです。

スポーツをする時は必ず、飲み物を準備しておき、のどが乾いたらいつでも水分補給ができる状態にしておきましょう。

その他のこむら返りの原因

他にも普段運動していない人が急に激しい運動をすると、こむら返りが起こりやすいです。

これは突然激しく動かされた筋肉が興奮状態になるからです。

運動前には必ず、ストレッチやマッサージをして筋肉をほぐしておくことが大切です。

さらに、運動のしすぎや筋肉が疲労してしまったことでこむら返りになることもあります。

過度な疲労が溜まると、神経の伝達がうまくいかなくなり筋肉が収縮しっぱなしになるので、足がつりやすくなります。

疲れているときは身体を休ませて、ストレッチやマッサージなどでリラックスさせてください。

こむら返りを防ぐ

こむら返りが頻繁に起こるようであれば、内臓に問題がある可能性もあるので病院に行きましょう。

スポーツ中にこむら返りが行らないにようにするためには、マッサージなどで筋肉の疲労を取り除いてあげることが効果的です。

また、骨盤が歪んでいたり腰に持病を抱えている人はこむら返りの発症率が高くなります。

スポーツを思いっきり楽しむためにも、これらの症状を改善することをおススメします。

わかば接骨院でもこむら返りの治療を行っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付