ぎっくり腰原因!治療と予防に②

157640

写真は腹式呼吸をしています。
写真上 → 鼻から息を吸ってお腹を膨らませています。
写真下 → 口をすぼめて息を吐ききっています。

では前回の続きです。
腹横筋はどうやったら上手に使えるようになるのでしょうか??

頻繁にぎっくり腰をしてしまうあなた!!必読です!!
日常的に腹横筋が上手に使えていれば、ぎっくり腰のリスクを大幅に減らすことができます。では、その腹横筋はどうやったら上手に使えるようになるのでしょうか??

それは、『腹式呼吸』です。
以下腹式呼吸の方法です。上段の写真を参考にしてください。
1.鼻から息を大きく吸って、お腹をできるだけ膨らませます。
※胸を膨らますのではなく、お腹だけを膨らますイメージです。
2.お腹がしっかり膨らんだら、口をすぼめて口から息を吐ききります。
※息を吐ききった時にお腹が少し凹んで力が入る感じです。

女性の方はどうしても胸を広げて呼吸をすることが多く、腹式呼吸が苦手な方が多いです。
腹式呼吸をすると、腹横筋に刺激が入りやすいので、腹横筋の使い方を学習するにはもってこいの方法です。
他にも色々方法はありますが、まずはここから行ってください。
これ、超重要です。

では今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ぎっくり腰でお悩みの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付