子供のスポーツ障害

子供には特有のスポーツ障害がある

成長過程において、スポーツをすることは身体にとっても、教育的にもいいことです。しかし気を付けなければいけないのは“スポーツ障害”です。
実は大人がなりやすいスポーツ障害と、成長過程の子供がなりやすいスポーツ障害では、なりやすいポイントが違うのです。お子様をスポーツ障害から守るためにも、しっかりと理解しておきましょう。

オスグット病

オスグット病と聞くとあまり馴染みが無いかもしれませんが、子供がスポーツをする上でメジャーな障害でもあります。オスグット病は膝の部分が炎症を起こしているような状態で、見た目も腫れあがって見えます。
しかもこのオスグット病は、放っておくと骨の形が変形してしまうこともあるので、お子様が膝の痛みを訴えだしたら、注意深く観察をしてあげるか、早めに医療機関へ行くことをおススメします。

野球肘

野球肘はよく知られているメジャーなスポーツ障害だと言えますが、成長過程にある子供にとっては、注意しなければいけない障害の一つです。
野球肘は過度に投球練習などをし過ぎた結果起きてしまう症状で、軟骨や靭帯などが痛んでしまいます。このまま放置してしまうと、肘が曲がりにくくなってしまうこともあり、その後の選手生命を断ってしまうこともありますので、練習量の調整にはコーチとよく相談をする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付