四十肩と肩こりの違い

保険適用の病気でもある四十肩

四十肩は名前の通り四十代過ぎると起こりやすく、肩に強い痛みを感じるのが特徴です。

しかし、名前だけが有名なのでほとんどの方が“保険が適用されるケースがある”ということを知らないで過ごしています。

しかし、四十肩と肩こりは見分けが付きにくく、保険が適応されると思って医療機関へ行ったら「これは、ただの肩こりです」と言われ、保険適応外となってしまうこともあります。

そこで今回は、四十肩と肩こりの違いを紹介します。

四十肩の症状

四十肩の代表的な症状は、肩に突然くる強い痛みで、高い棚からモノを出そうと思って、腕を上げたときに激痛がはしったり、髪を結ぼうとしたときに叫びたくなるほどの痛みがあったというようにいつもなら何もないようなときに突然症状が起きます。

中には痛みが強すぎて寝られないなんていう方もいるくらいです。

ですが、強い痛みが来る前に予兆があって肩こりかと勘違いするような似た症状が数ヶ月続きます。

ずっと肩こりだと思っていて医療機関に行かず、湿布など貼っていると、一時落ち着いたかのようになりますが、その後突然強い痛みが出てしまいます。

強い痛みが出てしまうと、痛みは強くなる一方で、そこまで痛みが強くなってしまうと湿布貼ったりしても治ることはありません。

四十肩と肩こりの違い

四十代や五十代の方で肩に痛みが出てくると、四十肩と勘違いする方もよくいますが、似ていると思われている肩こりと四十肩は全く違うものです。

肩こりは姿勢が悪さなどが原因で首や肩の筋肉が疲労してしまい、血流が悪くなり肩に痛みが起きてしまうものです。

ですが、四十肩は主に、腕の筋肉の先にある腱に炎症が起きてしまう、肩にある上腕骨周辺の筋腱の腱板が断裂したり、損傷してしまうなどです。

四十肩か肩こりかの簡単な判断方法としては、四十肩ですと肩の関節を動かす範囲が狭まるので、腕を上げたり、横に広げたりなどの様々な動きができるかどうかをチェックしてみてください。

途中で痛みがあったり、違和感があれば四十肩の可能性が高いです。

もちろんわかば接骨院でも、肩の痛みや四十肩の治療を行っております。

肩こりでお悩みの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付