腰痛の時の寝方

腰痛の時は、寝るのも大変

腰痛が発生すると日常生活が苦痛に変わってしまうことがあります。

特に睡眠時は、同じ姿勢を保つので、痛みが増加しやすく、睡眠の妨害にもなってしまいます。

痛くて眠れなくなってしまえば、日中の活動に大きく影響を与えてしまいますよね。

では、腰が痛くならない寝方というのはあるのでしょうか?

仰向けで寝る時は、腰にバスタオルを巻く

腰がより痛みを感じてしまう原因として、睡眠中の姿勢が変わってしまい、ねじれや無理な姿勢を取ってしまうことが原因だと言われていますしかしバスタオルを腰に巻く事で、そういったことが起きなくなり、腰の痛みが和らぐことがあります。

横向きに寝る時は、抱き枕を使う

仰向けで寝るのが辛い人は、横向きになって寝るかと思います。

しかしこの姿勢も腰に負担を与えてしまうことがあります。

そんなときに、痛みを和らげてくれるのが「抱き枕」です。

抱き枕は腰にかかる体重を分散させることができるので、睡眠時の腰痛を和らげてくれることがあります。

また、抱き枕がなければクッションなどでも代用がききますので、いろいろ試して自分が心地よい寝方を探してみてください。

しかしあまりも痛みが引かず、寝られない日が続く場合は、この方法を試してもあまり効果は見られません。

その場場合は、速やかに医療機関で診てもらうことをおススメします。

わかば接骨院でも、こういった腰の痛みの治療を行っております。

腰痛でお悩みの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付