PCの使い過ぎで肘が痛む場合

運動をしていないのに、肘が痛む

肘が痛むというと、一般的にスポーツなどをやられている方のイメージが強いですよね。

しかし、そういった運動を特にしていないのに、肘が痛くなってしまうことがあります。

実はこれ、パソコンの使いすぎが原因かもしれないのです。ここでは、パソコンの操作によって、肘が痛んでしまう理由について詳しく紹介していきます。

テニス肘は、パソコンでもなる

一般的にテニス肘は、テニスをしている人がなる怪我ですが、パソコンでも同じような症状が起きてしまうことがあります。

元々パソコン操作は、手や腕を酷使しやすく、負担が大きい作業でもあります。

それにも関わらず、仕事では同じ姿勢で、同じ操作を繰り返すことが多いので、よけいテニス肘になるリスクが高くなってしまうのです。

テニス肘になりやすい環境

パソコン周りの環境が、少しでも腕に負担をかけるものがあれば、テニス肘を発症してしまうリスクが高まります。

例えば、クリック操作は腕や指の細かな神経を酷使する作業のため、なるべくショートカットキーを利用したり、キーボードに手を置くのも、浮いた状態であればかなり負担がかかってしまいます。

そうならないように高さを調節したり、工夫をしましょう。

一度痛みが発症してしまうと、仕事どころでは無くなってしまうことがあるので、なるべく発症しないようなパソコン環境作りを心がけてください。

肘に痛みを感じるようになれば、放置は危険です。

早めに医療機関に受診することをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付