ぎっくり腰を予防するには

一度なると、再発しやすいぎっくり腰

慢性的な腰痛を持っている方にとって、常に気を付けていなければいけないのがぎっくり腰ですよね。

ぎっくり腰は、一度なってしまえば痛みだけではなく、その後も再発しやすく、常に腰を気を付けて生活をしなければいけません。

できれば、一度もぎっくり腰にならない人生を送りたいものですよね。

そこで今回は、ぎっくり腰を予防する方法を紹介します。

予防策:1筋肉を付ける

腰への負担が増えると、ぎっくり腰は発症しやすくなります。

腰周りの筋肉は、腰を支える上で、重要な役割を担っていますので、あればあるほどぎっくり腰になるリスクは少なくなります。

ただし、腰に不可がかかり過ぎてしまう筋肉トレーニングは、余計にぎっくり腰になる確率を高めてしまいますので、腰に不安を抱える方は、まずは水中トレーニングから始めていき、腰に不可なく筋力アップを計っていきましょう。

予防策:2腰の疲労を溜めない

腰の筋肉に疲労が溜まっている状態はかなり危険です。

いつぎっくり腰を起こしてもおかしくない状況ですので、ストレッチをして筋肉の凝りをほぐしてあげたり、入浴をしてリラックスをしたり、質のいい睡眠を取るように心がけると、疲労が蓄積されず、ぎっくり腰のリスクが低くなります。

予防策:3腰に負担をかける姿勢をしない

同じ姿勢をずっと取り続けることや、前かがみの姿勢は、腰に大きな負担を与え、ぎっくり腰のリスクが高くなってしまいます。
デスクワークの方は、1時間に1回は席を立ってストレッチをすることをおススメします。

また、前かがみの姿勢をとる際は、手すりを使ったり、ゆっくり動かすなどして、なるべく腰に負担をかけないよう、心がけましょう。

ぎっくり腰でお悩みの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付