腰部椎間板ヘルニアの原因

腰部椎間板ヘルニアを引き起こす原因

日本人は元々腰痛になりやすいと言われていますが、特に椎間板ヘルニアは100万人以上もの患者数がいると言われています。
一度引き起こせば治療をしても再発しないために腰を気にして生活を送らなければいけなかったりと、常に激痛を恐れて神経を使ってしまいます。
そうならないためにもまずは椎間板ヘルニアの原因について知っていきましょう。

スポーツが原因で引き起こされる

椎間板ヘルニアを発症してしまう方の中には「スポーツ」が原因という方も多く見られます。人の腰は常に体重がかかっていて、負担を受けやすい部分ではあるのですが、特に激しい運動をするとその負担は大きくなり、椎間板ヘルニアを引き起こすリスクは高くなっていきます。
特に中腰になりながら動く野球やバレーをする方で腰痛が悪化して椎間板ヘルニアになってしまう方もいらっしゃいます。

姿勢の悪さも原因の一つ

普段からの姿勢が悪いと、身体がゆがんできます。そのゆがみが背骨にまで影響を及ぼしてしまうと、椎間板ヘルニアを発症してしまうケースがあります。

【椎間板ヘルニアになりやすい姿勢】
・猫背
・お腹をつきだした姿勢
・胸をつきだした姿勢

などがありますので、日ごろから正しい姿勢を心がけるだけでも腰への負担がかなり軽減されます。
しかし自分では正しい姿勢を取れないという方もいらっしゃいますので、そういった方は一人で悩まず医療機関へ御相談ください。わかば接骨院でもそういった治療を行っております。

猫背にお悩みの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付