ぎっくり腰になりやすい時期

寒くなってきた時期に注意

季節の変わり目に多く発症すると言われているぎっくり腰ですが、特に寒くなってくる時期に今まで疲れが溜まっていた腰が冷えてしまうと腰痛として、出始めてしまいます。

健康には腰も冷やさないようにした方がいいとされています。

筋肉が冷えてしまうと、寒さでかたまりやすくなって、例えば、ふと重たい荷物持ったとき、頭下げたとき、背伸びした、ふとした瞬間に筋肉が“ピキィー”って固まってしまい、ぎっくり腰になってしまいます。

しかし、暖かくなってくる時期にも注意は必要

腰の場合は、暖かくなってくる時期も実は危険だと言われています。

誰でも寒くなると身体の筋肉が縮こまる感覚を経験したかと思いますが、暖かくなってくると、身体が今までの感覚に戻ろうとします。

その時突然、元の感覚に戻ろうとする筋肉についていけないと判断すると、ぎっくり腰が出てしまいます。

なので、寒くなる時期にぎっくり腰にならなかったと安心していた人でも、暖かい時期になってしまう人も少なくありません。

さらに梅雨の時期になると低気圧がくることによって、筋肉の働きに変化がおきやすい時期でもあるので、注意が必要です。

簡単に言ってしまえば、日本のように四季いろんな季節があって温度なども変わりやすいことから、1年中気を付ける必要があるのです。

わかば接骨院でもこういったぎっくり腰に対する治療を行っております。

ぎっくり腰でお悩みの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付