神経痛の食事について

神経痛について

神経痛はその名の通り神経に触るような痛みが特徴です。

神経痛は大きく2種類に大別され、原因がはっきりしているものと原因が不明なものがあります。

ヘルニアなどの関節に関わる神経痛は、加齢が原因で発生すると思われがちですが、食事や生活習慣とも密接に関わっています。

神経痛のような症状が発生すると、薬で痛みを取ろうとすることが多いですがそれだけでは治療がスムーズに進まないこともあります。

毎日の食習慣を見直す事で、神経痛の改善が期待できます。

神経痛の時に食べた方が良いもの

☆身体を温める食材

ヘルニアなどの関節に関わる神経痛の改善には身体を温めることが大切です。

食事の中に体が温まる食材を入れるだけで、内側から身体を温めることができます。

身体を温める食材の例として、血行促進効果のある唐辛子やショウガなどのスパイスがあります。
ショウガは食べる以外にも利用法があります。

古いショウガのおろし汁にごま油を同量混ぜて、痛みのあるところにすりこむと、その場所の炎症を抑えてくれる効果があります。

また、ネギ・にんにく等も身体を温める働きがあります。

☆ビタミンEを多く含む食材

ビタミンEには、血液の循環を活発にしてくれる働きがあります。

神経痛の大きな原因である「血行不良」を改善し、全身に血液を行き渡らせてくれます。

ビタミンEが不足すると、血行が悪くなり神経痛の悪化を招きます。

特にピーナッツは、ビタミンEを豊富に含みアンチエイジング効果も期待できる食品として注目されています。

☆ビタミンB12を多く含む食材

神経痛は痛みがある部分の周辺の組織が、傷ついて起こっている場合も多いです。

ビタミンB12には傷ついた細胞や組織を修復する働きを持っています。

ビタミンB12を多く含む食材として挙げられるのは、レバーなどの内臓系や、アサリやシジミといった貝類です。

レバーは鉄分が豊富に含まれているため、貧血予防にも効果があり、疲労回復の手助けもしてくれる優秀な食材のひとつです。

神経痛の時に食べない方が良いもの

神経痛の時に食べない方が良いものは、「体を冷やす食材」です。

身体が冷えると神経痛の痛みは急激に悪化します。

冷たいジュースやアイスなどは、身体を芯から冷やしてしまうので神経痛の人にはオススメできません

神経痛は悪化すると風が吹いても痛いと感じるほどの痛みを伴います。

悪化を防ぐためには、悪化する前の適切な処置と生活習慣の見直しが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付