交通事故治療、加害者の対応が

昨日は、交通事故の患者さんが来院されました。
バイクVS車の事故です。
当院に来院されたのは、被害者であるバイクの運転者さんです。
それにしても今回もなかなかひどいものです。

まず、加害者さんの対応が遅すぎる。というか自分に過失がないと思われているのか...
保険会社に対し、対応しないように伝えているようです。

いやいや、これは困った。体中が痛いし、病院代は自費だし...
さてさてどうしよう。と困って当院に来院されました。

問題はいろいろあります。

まず、事故の状況について伺うと、信号機のある交差点での直進車と右折車の事故です。
バイクが交差点に侵入したときの信号は黄色。判例上は40対60となりますが、右折車(加害車両)が『早回り右折』といって、交差点の中心の内側を通らない右折であったため、加害者に20%程度過失が加算されます。
つまり、今回の右折車は明らかに加害者側となることが容易に予測されます。
また、右折車は社用車であったとのことで、会社にも使用者責任が問われる案件です。しかしながら、保険会社に対応するなとは、どういった考えなのでしょうか?
とりあえず、加害者の会社に直接連絡を取るようにアドバイスをしました。
明日以降どうなるのでしょうか?
とりあえず当院の治療費は保留とさせていただき、加害者とその会社の対応待ちですね。
加害者側が対応しなかったとしても、被害者請求といって自賠責保険を使う方法もありますので、そのこともお伝えすると、取りあえずは安心していただくことができました。
加害者を動かす方法はいくつもあります。泣き寝入りにならないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかば接骨院

わかば接骨院

住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3ディアコートすず1F
交通
共和駅から徒歩1分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

0562-47-1101
営業時間 日・祝
9:00〜13:00
15:30〜20:00
  • ※(◎)土曜日は8:30〜13:00まで受付