わかば接骨院

大府市の接骨院ならわかば接骨院|胃腸のトラブルと猫背について

スタッフ紹介部位別症例案内治療のご案内治療機器交通事故にあったらわかば接骨院TV

わかば接骨院BLOG

TOPわかば接骨院BLOG| 胃腸のトラブルと猫背について
  • mixiチェック

胃腸のトラブルと猫背について

■2017/09/01 胃腸のトラブルと猫背について

 

現代人に増える胃腸トラブル


 
現代はストレス社会とも呼ばれ、毎日さまざまな精神的負担を抱えながら生活している人が多いです。
 
人間関係や仕事、結婚や将来のことなど、心当たりがある人も多いのではないでしょうか?
 
また、悩みや不安を抱えていてもなかなか相談できる人がなかなか周りにいないという問題を抱えている人もいますよね。
 
このようにストレスの多い毎日を過ごしている現代人は、胃腸の不調を抱えている人が増えています。
 
具体的な症状としては、胸やけや吐き気、胃もたれ、下痢、便秘などの症状が挙げられます。
 
また、猫背などの姿勢が原因で猫背が発生することもあります。
 
パソコンやスマーフォンの普及によって日本人全体に増えている猫背は、胃腸にまで影響を及ぼすという事が最近の研究で明らかになってきているのです。
 
今回は、胃腸のトラブルと猫背についてご紹介します。

 
胃腸トラブルの種類

 
胃腸のトラブルにはさまざまな種類がありますが、大きく分けると急性胃腸炎と慢性胃腸炎に分類できます。

 
①急性胃腸炎


 
急性胃腸炎は、急激な下痢や嘔吐などの症状が出る胃腸のトラブルです。
 
特徴としては、痛みや不快感が強くて重いということです。
 
自分ではコントロールできないほどの、激しい症状が出るためトイレから離れられなくなるケースも少なくありません。
 
急性胃腸炎の原因として考えられるのは、
 

・ウイルス感染
 

・細菌感染

 
・ストレス

 
・アレルギー


 
・薬の影響

 
・暴飲暴食

 

などです。
 
特に、ウイルスや細菌感染による急性胃腸炎は、激しいお腹の痛み身に加えて、我慢できないような下痢や嘔吐に見舞われます
 
発症の原因となっているウイルスや細菌が体の中からいなくなるまでこの症状は続きます。
 
このような感染系の胃腸炎の場合、下痢止めや吐き気止めを使うといつまでも菌が体内に在中することになるので、原則服用しないようにします。
 
また、強いストレスを感じたときに急性の胃腸炎が発症することもあります。
 
人間はストレスを感じると、胃酸が過剰に分泌されたり、緊張によって胃や腸がけいれんするといったことが起こります。
 
ストレスからくる急性胃腸炎は、薬で症状を一時的に抑えることはできるものの、胃腸炎の原因となったストレスを無くさない限りは同じ症状を繰り返すことになります。
 
ストレス性の急性胃腸炎を何度も繰り返していると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんや大腸がんなどの重篤な疾患に繋がることもあるので注意が必要です。
 
急性胃腸炎は早ければ2日~1週間程度で回復しますが、場合によってはそのまま慢性胃腸炎に移行してしまう可能性もあります。
 

②慢性胃腸炎

 
慢性胃腸炎は、長期間にわたり胃腸の不調や不快感が続いている状態のことを指します。
 
具体的な症状は、吐き気や胃のムカムカ、腹部膨満感、食欲不振、腹痛などです。
 
また、頻繁に下痢や便秘を繰り返すのも慢性胃腸炎に分類されることがあります。
 
慢性胃腸炎の原因として、

 
・暴飲暴食

 
・アルコールの摂取

 
・喫煙習慣

 

・ピロリ菌

 
・猫背などの姿勢

 
・ストレス

 
などが挙げられます。
 
慢性胃腸炎は誰にでも起こりうる症状であり、日常生活に支障が出ない程度であれば、特別な措置をする必要はありません。
 
しかし、長期間にわたって胃腸の不快な症状が続く場合や時間が経つほど症状が重くなっていくようであれば、別の病気が隠れていることもあるので医療機関の受診をおすすめします。
 
慢性的な腹部膨満感や胃の痛みは、薬でコントロールすることも可能なため、専門家に相談した方が症状を緩和することができます。

 
猫背が胃腸のトラブルを引き起こす理由


 
猫背と胃腸はいっけん無関係のように見えます。
 
しかし、猫背の人の多くが胃腸のトラブルを抱えているのです。
 
なぜ猫背が胃腸のトラブルを引き起こすのでしょうか?
 
人間の消化は、口から食べ物が入り食道を通って胃に食べ物が送られ、その後小腸から大腸を通って肛門から便として排出されます。
 
この消化活動は、背筋が真っすぐ伸びている状態で正常な働きをします。
 
猫背になると背中やお腹が曲がり、内臓が圧迫されますよね。
 
胃や小腸、大腸が圧迫されると消化活動が阻害されて、食べ物の消化がスムーズに進みません。
 
それだけではなく、圧迫によって胃酸が逆流したり、腸がねじれる原因にもなります。
 
また、猫背は自律神経を乱す原因にもなります。
 
人間の消化活動をコントロールしているのがこの自律神経です。
 
自律神経が乱れると胃や腸の動きも不安定になり、胃酸が過剰に分泌されるようになったり便秘になりやすくなります。
 
これは自律神経の乱れにより、「トイレに行きたい」というサインが出にくくなってしまうことも影響しています。
 
猫背による胃腸のトラブルは、一時的に薬で症状を抑えても猫背をなおさない限り根本的な治療にはなりません。
 
猫背は、運動不足による筋力の低下やスマートフォンの見過ぎからくる姿勢の乱れから発生する姿勢のクセです。
 
猫背になっている原因を探り、正しい姿勢を身につけることで慢性的な胃腸のトラブルから解放される可能性があります。
 
わかば接骨院でも、猫背が原因の痛みや不調に関する相談を受け付けております。
 
猫背・姿勢矯正についての詳細はこちらをご覧ください。
 


わかば接骨院
住所:愛知県大府市共栄町9-3-3 ディアコートすず1F JR共和駅東口スグ
TEL:0562-47-1101
ここをタップすると電話ができます
0562-47-1101